きものん ゆかたん わふくん

このサイトでは、着物・浴衣・振袖などといった和服について書いています。

浴衣

浴衣の収納方法 洗濯やクリーニングの後にクローゼットで保管するの?

投稿日:

浴衣の収納方法や収納前の

洗濯やクリーニングなどについて

本当に必要かどうかなど

いろいろ紹介してみました。

また、クローゼットや押入れの他

桐たんすがない場合もありますが

収納場所がない場合でもできる

安全な保管方法なんかも

説明してみました。

最後までお読みいただければ

浴衣をしまう際のコツや注意と

かなり楽で便利な方法なども

参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

浴衣の収納方法

基本的に浴衣を収納する場合
着物とは材質も違いますし
他の記事でも紹介しているように
いわゆる部屋着の部類なので
そこまで深く考えなくても
よかったりもします。

ですが収納の基本としては
その着る頻度に合わせた収納が
やはり生活する上では
効果的だったりもしますよね。

浴衣の場合で言えば
夏にしか着る機会がないものや
日常的に部屋着として着るなど
それぞれ扱い方も違います。

ならばそれに合わせた畳み方も
けっこう有効だったりもします。

たとえば1年に1度きりなら
本畳みが良いでしょうし
たまに着る程度であれば
ハンガーにかけるのも良いでしょうね。
関連:着物の簡単なたたみ方

ただ、ハンガーにかけたままだと
お片付けが苦手な人であれば
放置しちゃうことも多いですし
基本的には本畳みを心がけたほうが
安心かもしれません。

しかし収納前の浴衣の状態によって
保管状態なんかも
けっこう変わります。

心配性ならばやはり洗濯とか
するべきかと考えちゃうと思います。

次はそちらについてなど
もう少し紹介していきますね。

浴衣の洗濯やクリーニングについて

浴衣の洗濯やクリーニングは
収納する前の準備としては
絶対に必要というわけではありません。

たとえば試着しかしていないとか
その際は袖を通しただけであって
少しも汚れていないなどであれば
そのままきれいにたたんで
収納したほうがよかったりもします。

浴衣の洗濯についてでも
紹介しているように
洗える浴衣の場合であっても
かなり慎重に考えないと
台無しになるかもしれないんですよね。

ですが夏祭りや花火大会に
一度でも浴衣を着て出かけたなら
早めに洗濯したほうが
やっぱり無難でしょう。


スポンサーリンク

浴衣を着て汗をかいちゃうと
やはり汗染みなどで変色したり
お腹の帯の当たる部分とかが
細かいしわができちゃったりもします。

放置時間が長引くほど
変色したシミなどは
落ちにくくなっちゃいますし
そのまま収納しちゃうと
虫食いとかカビも発生するかもしれません。

運が悪ければ浴衣と一緒に
収納した衣類なんかも
その被害を被りやすいので
洗いはやはり大事ですね。

ほとんどの場合には
一番無難な方法として
プロのクリーニング屋さんに
お任せするのが有効でしょう。

とは言ってもそういう業者さんは
腕の良し悪しなんかに
かなり左右されやすいので
過去記事も参考にしたほうが
安心できると思います。
関連:着物のクリーニング業者選びのコツ

では次にクローゼットや
押入れでの具体的な保管方法や
注意点についてなど
もう少しお話ししていきますね。

クローゼットでの保管方法

上でも紹介したように
浴衣の保管状態というのは
まったく難しいわけではありません。

次に着るときに取り出しやすく
すぐに着やすいというのが
やはりベストですよね。

そちらについて考えるのが
一番のコツじゃないかなって思います。

そのため余計なしわの防止に
本畳みでしっかりたたみ
わかりやすい位置に置くとか
それだけでもかなり効果的だったりもします。

ただ、思わぬトラブルなんかも
けっこうあります。

たとえば洗濯したのはいいけど
しっかり乾いていなかったなら
やっぱりカビが発生しますし
先ほど紹介したように
他の衣類にも被害は及びますし
逆に他の衣類の悪影響も
浴衣に与えてしまう可能性もあります。

そのため浴衣の長期保管には
浴衣だけ単体で収納するという
しまい方というのが
一番リスクが小さかったりもしますね。

個人的にはチェックという意味で
冬に虫干しなんかをしてみるのも
ありかなって思いますね。

これはただの陰干しなんですけど
やり方やコツなんかも
以前紹介しているので
そちらも参考になるかと思います。
関連:着物の虫干しについて

それから収納する際には
虫食い対策もしたほうが便利です。

ただ、防虫剤の臭いが嫌だとか
虫干しは面倒だとか
もっと楽に保管したいと
やっぱり思っちゃいますよね。

私も面倒くさがりなので
気持ちはよくわかります。

裏技というわけではないんですが
簡単な方法といえば
やっぱり着物の保管袋に入れて
収納するのが一番楽で
安全なんじゃないかと思います。

桐たんすも必要ないし
私が団地に住んでた頃のように
クローゼットがなく押入れしか
しまう場所がなくても
放置気味でもなんとかなったので
かなり便利でしたね。


《きものキーパー》新技術きもの保管袋 きものキーパー 1枚入り 防カビ/防虫/防水/防臭/防虫剤・虫干しいらず(zr)

浴衣の収納方法 洗濯やクリーニングの後にクローゼットで保管するの?のまとめ

浴衣の収納・保管方法の場合
失敗のリスクというのは
しわ・しみ・虫食い・カビなど
ある程度決まっています。

そのため収納前の洗濯なんかは
してもしなくてもどちらにせよ
リスクというのはあるので
慎重に考えたほうが良いですね。

また、浴衣保管時には
一緒に収納する衣類と相互に
トラブルは関係するので
一番楽で安全な方法としては
着物の保管袋を使って
独立した空間の中で
収納するというのが個人的には
かなり便利な方法に感じます。

スポンサーリンク

-浴衣
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デブに浴衣は似合わない?似合う浴衣の選び方と探し方について

見た目が太っている人や デブとまではいかないけど 少しぽっちゃり気味の人などは 浴衣が似合うのか似合わないのか また、そういう体型の人に似合う 浴衣選びや探し方について いろいろ紹介してみました。 し …

浴衣に帯板は必要?前板の役割といらないと感じる場合について

花火大会や夏祭りで浴衣を着る時 帯板は本当に必要なのかその役割や 使用しない場合のデメリットなど いろいろ紹介してみました。 浴衣用の前板といえば 通気性の良いメッシュのものなど 販売されていると思い …

浴衣に合う髪型の簡単なやり方 アップ編ミディアムやボブの場合

浴衣に合う髪型といえば 自分でできる範囲で方法とか いろいろ考えた場合 やはりアップを思い浮かべるのが 自然かと思います。 ロング・ミディアム・ボブなど 髪の長さによってもアップは やりにくいかもしれ …

浴衣の帯揚げと帯締めの必要性と役割 使わない場合についても紹介

浴衣の帯揚げと帯締めについて その必要性と役割や 逆にそれらを使わない場合は どんな時なのかについて いろいろ紹介してみました。 着物のルールとは違う 浴衣の楽しみ方や考え方など スポンサーリンク …

浴衣のダサい着方 女性の帯の位置やコーディネートのコツなど

女性の浴衣のダサい着方と その対処法など紹介しました。 たとえば可愛い着方とか 調べるといっぱい出てきますが 帯の位置や高さのバランスの他 コーディネートのセンスが すこしでも悪ければ スポンサーリ …