きものん ゆかたん わふくん

このサイトでは、着物・浴衣・振袖などといった和服について書いています。

浴衣

ホテルや旅館の浴衣を着たくない時はパジャマを着ても大丈夫?

投稿日:

ホテルや温泉旅館の浴衣は

絶対に着ないといけないのか

着たくない時はパジャマや

ジャージ、スウェットを持参して

そちらを着るというのもありなのか

いろいろ紹介してみました。

まあ、寝る時の服装というのは

特に何でもありな気もしますが

館内で食事をする際や

施設の外を散策する時なんかの

服装に浴衣以外を着る場合は

ちょっと難しかったりもしますよね。

最後までお読みいただければ

浴衣を着ないと変に見えるのか

実際にパジャマとかを着る人は

いるのかどうかなども

参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

ホテルや旅館の浴衣

ホテルや旅館にある浴衣は
基本的に着るも着ないも
お客さんの自由です。

宿泊するメンバーによっては
着ないといけない空気とかも
たまにあるんですけどね。

絶対に着ないとダメだとか
マナー違反だとか
そういうものもありません。

ただ、先ほど言ったように
浴衣を着ないといけない空気は
ちょっと強制的な感じもあります。

まあ、実際に旅館なんかでは
着ない人がいたりするのかも
気になるところでしょうが・・・

では浴衣を着ないと変に浮くとか
変わった人に見られたりするのか
もう少し紹介していきますね。

旅館の浴衣を着たくない場合

旅館の浴衣を着たくない人は
一定数いるんですよね。

毛嫌いしてるとかじゃなくて
下が見えるのが心配だとか
着慣れないものを着ても
落ち着いて眠れないなど
理由も様々だったりします。

そのため浴衣を着ないという人は
そこそこ多かったりもしますね。

前に仲居さんに聞いた時は
浴衣を着ない人は2〜3割程度は
いると思いますよ〜とか
自然な口ぶりで言ってましたし
信憑性も高いかなって思います。

仲居さん曰く見慣れすぎたせいか
浴衣を着るも着ないも
特に気にならないそうです。


スポンサーリンク

ただ、服装は自由と言っても
限度というものもありますよね。

常識的な服装をといっても
どこまでが大丈夫なのかとか
ちょっとわかりにくかったりもします。

では、パジャマやスウェットも
ありかなしかなどもう少し詳しく
紹介していきたいと思います。

ホテルや旅館でパジャマやスウェットを着ても大丈夫?

基本的にパジャマやスウェットなど
普段から寝巻きにしている人なら
それを部屋着にしていても
特に問題はありません。

ですが部屋の外に出るとなると
けっこう微妙ですね。

たとえば旅館の食事なんかでも
レストランは浴衣禁止の場合も
たまにあったりもします。

ホテルなんかでは館内を
寝巻きでウロウロすることも
難しい場合が多かったりもします。

そのため部屋着はお部屋の中だけで
部屋の外では軽い外出着なんかを
用意しておいた方が良いかもしれません。

個人的な判断基準としては
電車に乗れるような服装ならば
まあまあ良いのかなとも思います。

まあ、結局は各宿泊施設にもより
正解不正解も大きく変わりますが
部屋着程度の話であれば
パジャマでもスウェットでも
ほぼ問題はないですね。

個人的には自分の寝やすい服装で
くつろぐことができればそれが
やはり一番じゃないかなとも思います。

まあ、寝巻きとしての服装は
寝る時にだけ着るくらいの感覚で
軽く考えるというのも
有効だったりもしますね。

浴衣を着たくない理由がはだけて
中が見えるのが怖いとかならば
Tシャツやショートパンツを
中に着込むとか羽織を使うのも
ありだったりもします。

浴衣のサイズが合わない人も
けっこう多いものですし
スタッフの方に相談するというのも
案外普通の話だったりしますし
万が一の準備をしつつ
ある程度譲歩してみるというのも
悪くはないかもしれませんね。

ホテルや旅館の浴衣を着たくない時はパジャマを着ても大丈夫?のまとめ

ホテルや旅館では浴衣を
絶対に着なきゃいけないわけでなく
着たくなければ着なくても
特に問題はありません。

まあ、何も着ないというのは
大問題ではありますが
他人の目に触れても大丈夫な
部屋着であれば問題ないでしょう。

ただ、パジャマやスウェットで
館内をウロウロしたりするのは
その宿泊施設によっては
かなり浮いちゃいますし、
レストランなんかでは服装も
ある程度決まってたりするので
軽い外出着程度でも用意すると
安心かなって思います。

スポンサーリンク

-浴衣
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浴衣の下に何着るの?インナーの必要性と肌着を着ないリスクについて

花火大会やお祭りなどで 浴衣の下に何を着るかについて そのインナーの必要性や 肌着などの和装の下着を着る メリットなど色々紹介してみました。 また、何もない場合や代用品では スポンサーリンク どのよ …

6月の浴衣は早い?時期はいつから?着れる場所や場面とタイミング

6月の浴衣は時期的に早いのか 具体的にいつから着れるのかなど いろいろ紹介してみました。 ほぼ夏といっても良いくらいに 暑い日だったとしても 浴衣は普段見慣れないものですし 変に見える基準なんかも わ …

浴衣に肌襦袢は暑い?肌着で涼しい真夏用の生地や材質と汗対策&方法

夏のお祭りや花火大会など 浴衣姿の場合には 下に着る肌襦袢は暑いのではと 感じたりもするものです。 着物のように浴衣を着る際に 一番涼しい肌着の組み合わせや 真夏日や炎天下でも涼しい材質と 汗対策にも …

浴衣の下は着物スリップと肌襦袢の違いで涼しい暑いの差はあるの?

浴衣の下に着る着物スリップや 肌襦袢の涼しさの違いについて 色々紹介してみました。 私が買おうか悩んでるのは 浴衣スリップなんだけど〜 という場合もその選び方を知れば 涼しい夏の思い出か灼熱地獄かの …

浴衣に帯板は必要?前板の役割といらないと感じる場合について

花火大会や夏祭りで浴衣を着る時 帯板は本当に必要なのかその役割や 使用しない場合のデメリットなど いろいろ紹介してみました。 浴衣用の前板といえば 通気性の良いメッシュのものなど 販売されていると思い …