きものん ゆかたん わふくん

このサイトでは、着物・浴衣・振袖などといった和服について書いています。

浴衣

浴衣の汗染みや黄ばみの洗濯方法とクリーニングに出す時の汚れや料金

投稿日:

浴衣の汗染みや黄ばみについて

自分でする洗濯方法や

クリーニングに出す場合の

汚れの見分け方や料金について

紹介してみました。

最後までお読みいただければ

黄ばんでしまった汗染みは

どのように対処すれば良いのか

一番良い方法などお探しの場合は

参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

浴衣の汗染みや黄ばみについて

浴衣の黄ばみは汗染みによる場合と
帯などの色移りによるものなど
原因は様々だったりします。

その色移りの原因というのも
汗が染み込んだ可能性が高いですね。

最近の浴衣は洗える素材といっても
汗をかいただけで色落ちしたりも
普通に多かったりします。

そのため先程説明したような
帯からの色移りの反対で
浴衣から帯への色移りというのも
可能性としてはあります。

そのため夏だからと浴衣の着付けを
はしょってしまった場合は
たびたびこのようなことが起こります。

でも汚れてしまったのは仕方ないですよね。

早速ですが汗染みのできた浴衣の
洗濯方法について紹介します。

浴衣の汗染みの洗濯方法について

浴衣に汗染みができた場合には
部分洗いをするのは
タブーだったりします。

その汗染みの程度にもよりますが
もしも染みの具合が薄い場合は
全体的に洗った方が良いです。

というのも部分洗いをした場合は
普通に濃淡がはっきりと出てしまい
仕上がった後の色や柄に
ムラができることがあります。

そのため場合によっては
汗染みのある浴衣よりも
目立ってしまう可能性もあります。


スポンサーリンク

ですが販売されている浴衣で
洗濯や丸洗いOKと
表示のあるものでも
色落ちや色移りするものは
けっこう多かったりするんですよね。

そのためお洗濯の前には
目立たない場所で色落ちするか
チェックする必要もあります。

詳しくは洗える浴衣の洗濯方法
参考にしてみてください。

では、個人で洗えないレベルの
浴衣の汚れについて
紹介していきますね。

浴衣の汗染み クリーニングに出す場合の汚れや料金について

基本的には濃ゆい汗染みの場合は
洗濯でも落ちない場合があります。

汗染みにより黄ばみができた場合も
漂白剤の使用をしないと落ちません。

漂白剤の使用は部分的につけると
その部分だけ丸く色が薄まるので
水に混ぜて漬け込むとか
洗濯の難易度的にレベルが上がります。

それから先程説明したように
色落ちのテストをして
色が薄くなった場合とかは
洗濯ができないこともあります。

これらの汚れや生地の性質では
もはやプロに頼んだ方が
早かったりもしますね。

しかし時間が経って変色した染みは
クリーニング店でも
完全に染みは落とせないと
宣言されることも珍しくありません。

また、このような場合でも
費用もそれなりにかかります。

そのためクリーニング店に
持って行く場合には
とりあえず相談をするという形で
考えても良いかと思います。

相談の上難しいと感じた場合には
止めれば良いですし
保証はできないとか言われる場合もあります。

こういう時は買いなおした方が
安くて早いということが
ほとんどだったりもしますね。

しかし何もトラブルがない場合には
かかる費用としては
だいたい1000円くらいです。

シミ抜きなどはその場所や
大きさによって費用も変わり
もちろんですが染みができてからの
時間によっても大きく違いがあります。

その店にもよるので
数千円〜数万円とピンキリとも言え
クリーニングに出すタイミングは
早ければ早い方がシミは出来にくく
料金も安くすみますね。

浴衣の汗染みや黄ばみの洗濯方法とクリーニングに出す汚れについてのまとめ

浴衣を自分で洗濯する時は
部分的ではなく全体的な丸洗いが
好ましかったりします。

しかし汗染みによる黄ばみは
年数の経ったシミの
可能性が高いので
自分で洗うというのも難しいでしょう。

その場合はクリーニング店でも
できたりできなかったりですし
もしシミ抜きが不完全でも
料金的に多額になることもあるため
クリーニング屋さんと相談をして
慎重に考えることをお勧めします。

スポンサーリンク

-浴衣
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浴衣の下は着物スリップと肌襦袢の違いで涼しい暑いの差はあるの?

浴衣の下に着る着物スリップや 肌襦袢の涼しさの違いについて 色々紹介してみました。 私が買おうか悩んでるのは 浴衣スリップなんだけど〜 という場合もその選び方を知れば 涼しい夏の思い出か灼熱地獄かの …

浴衣に帯板は必要?前板の役割といらないと感じる場合について

花火大会や夏祭りで浴衣を着る時 帯板は本当に必要なのかその役割や 使用しない場合のデメリットなど いろいろ紹介してみました。 浴衣用の前板といえば 通気性の良いメッシュのものなど 販売されていると思い …

安い浴衣と高い浴衣の違いと見た目が安く見えない和服の選び方

夏祭りや花火大会に着る 浴衣について安いものと 高いものの違いについて紹介しました。 そもそも安い浴衣って見た目で すぐにわかるものなのかという スポンサーリンク ちょっとした疑問についても 解決す …

浴衣と夏着物の違いと見分け方 着付けや着方と見た目について

浴衣と夏着物の違いについて 見た目での見分け方や 着付けの違いや着方について紹介しました。 例えば夏の季節のデパートでは 浴衣のワゴンセールと思いきや 夏着物の表示になっていたりして たまに、ん?と思 …

浴衣のサイズの選び方 男性編 測り方やサイズ直しを自分でする方法

男性の浴衣のサイズの選び方や 自分の身長にあったちょうどよい サイズの測り方を紹介しました。 例えば、いくら探しても ジャストなサイズがない場合は 浴衣を自分で詰めるという方法も スポンサーリンク …