きものん ゆかたん わふくん

このサイトでは、着物・浴衣・振袖などといった和服について書いています。

着物

4月に着物コートはあり?春の季節の羽織ものとコーディネート

投稿日:

4月の着物コートはありなのか

変に見えないコーディネートなど

春の季節の羽織ものについて

いろいろ紹介してみました。

たとえば冬などに着る袷のコートを

実際に着れるのかという不安も

ちょっとあるかもしれませんが

最後までお読みいただければ

ちょっぴり寒い春の防寒対策や

羽織ものの選び方なんかも

参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

4月に着物コートはあり?

着物用のコートというのは
種類もいろいろありますが
単純に寒いからという理由で
冬用の袷のコートを着るのは
あまりオススメできません。

それでも4月は天気が荒れることも
珍しくなかったりもするので
冬並みの気温や大雪が降るなど
そういう場合には冬用のコートでも
問題ないとは思います。

しかし例年通りの天候だと
カシミヤとか羽織った場合には
やはり暑い上に見た目にも
ちょっと暑苦しかったりもします。

季節外れの袷の着物でも
紹介しているように
着物には袷の時期としては
特に問題もないのですが
コートまではちょっと別かなって思います。

また、年々気温は高くなっていて
寒い地域の東北地方などでも
早めの単衣への切り替えが
着物はされていたりもしますし
気温が高ければそれも自然なんですよね。

では、具体的に春の着物コートは
どんなものが違和感ないのか
もう少し紹介していきたいと思います。

着物コートを春にあわせて

基本的に寒いかもしれないと
袷のコートをこの時期に
着るというのは厳しいかと思います。

だからと言って何も羽織らずに
電車移動をするというのは
帯とかひっかけちゃったりとか
けっこう怖いんですよね。

そのため春秋用のコートとか
夏の冷房対策用コートなども
けっこう自然で快適だったりもします。

確かに冬用の袷のコートも
寒いよりは良いと思いやすいですが
暑い場合は汗もかくので
着物に与えるリスクが高いんですよね。


スポンサーリンク

それに汗が引いてからは
汗冷えとかもあるので
余計に寒く感じたりもするし
当日の天候や気温の確認から
どこに行くのか何で移動するか
いろいろ考えて想定しながら
妥当な羽織ものを
じっくり選んでみるのも良いでしょう。

ただ、その際には季節感も
やはり無視できないかと思います。

次はもう少し具体的に
コーディネートや選び方など
いろいろと紹介していきますね。

季節にあわせた羽織ものとコーディネートについて

基本的に4月の羽織ものは
薄手のものがやはり一番スマートです。

見た感じが寒そうならば
重ね襟や帯締めなどで
暖かそうな色などを使って
工夫するだけでも
見た目の対策は可能です。

また、冬の着物の防寒対策でも
いろいろ紹介しているように
厚手の羽織ものでの防寒効果は
寒い時にはそれほど期待も
できなかったりするんですよね。

厚手のコートや羽織ものは
たぶん暑い時のほうが
嫌味を感じるほど効果を発揮して
逆に辛いかもしれません。

そのためインナーで防寒をして
アウターとなる羽織ものは
薄手のものをひっかけ対策として
着たり羽織ったりするなど
そういう考えもありかもしれませんね。

たとえば式典などでは
寒くてもどっちみち会場で
羽織ものは脱ぐことになるし
インナーでの防寒対策は
一番有効かなって思います。

それにこういうレースコートは
色合いも春っぽいだけでなく
ピンクとはいえども大人向けの
ベージュに近い上品さが
案外評価が高かったりして
幅広い年齢層に人気もあり
おしゃれ着はもちろんですが
結婚式や入学式でも
愛用されていたりしますね。


日本製 和装 レース コート「日本製 レースコート くすんだピンク」レースの着物コート 着物コート 薄物 レース 着物 コート ピンク 都衿 和装 コート 和装コート 女性用 レディース 和装コート 花柄 レーヨン ナイロン フリーサイズ<R>

写真の色の見え具合と実際の印象、
触り心地や正直な感想など
レビューも参考になりますが
買う買わないは別としても
羽織ものなど選ぶ際の見極め方など
けっこう勉強になるかもしれません。

4月に着物コートはあり?春の季節の羽織ものとコーディネートのまとめ

4月の着物にコートを着る場合
袷のコートや厚手の羽織ものは
実際に着ると暑すぎるかもしれません。

春の季節に合わせるとはいっても
着物で袷はちょうどよいでしょうが
アウターまで一緒ではなく
どちらかというと防寒ではなく
着物を守るためだけに着るという
そういう認識で着る方も多いんですよね。

そのためただの防寒対策なら
着物やインナーで工夫し
コートや羽織ものはあくまでも
薄手のものというように
体感温度の調節をしながら
見た目も工夫してみると
スマートにコーディネートもできそうです。

スポンサーリンク

-着物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

着物 虫干しの時間とタイミング 吊るしたまま放置はいつまで大丈夫?

着物の虫干しをする場合の最適なタイミングや時間について、いろいろ紹介してみました。 たとえば、短時間でも効果はあるのかというのも気になるかもしれません。 逆に長時間干すなら、どのくらいハンガーにかけて …

着物の腰紐の結び方 ずれる場合や苦しいときの結ぶ位置や締め方

着物や振袖、浴衣などの着付けに、腰紐を使用した場合の結び方について紹介しました。 結ばない超簡単な留め方というのもあるんですけど、そちらについても参考になるかもしれません。 たとえば、おはしょりがどう …

単衣の着物の時期はいつから?結婚式やお茶会など着れる場面について

単衣の着物の着用時期について 実際いつから着れるのかなど いろいろ紹介してみました。 たとえばお茶会や結婚式に赴く場合 気温が高く暑い場合でも ちゃんと時期に合わせるべきかとか スポンサーリンク そ …

3月の京都 着物では寒い?レンタルやショールでの防寒対策について

3月の京都観光で着物を着る場合 レンタルした着物だけでは寒いのか 防寒対策はやはり必要なのかなど いろいろ紹介しました。 旅行先の移動を考えれば かさばる荷物も増やしたくないので 例えば羽織りものやシ …

着物に似合うメガネと合わない時の原因やかけない方がいいかどうか

着物に似合うメガネについてと 似合わない原因など紹介してみました。 こういう和装に眼鏡の組み合わせに 違和感を持っちゃったり その相性などについて考えても よくわからないという場合には メガネをかけな …