きものん ゆかたん わふくん

このサイトでは、着物・浴衣・振袖などといった和服について書いています。

着付け

和装ブラジャーの代用として着物の肌着にキャミソールを着付けた時は

投稿日:2017年4月14日 更新日:

和装ブラがないときの代用品で、キャミソールを着物の下の肌着として着る人が多いと、たまに聞いたりもしますよね。

その場合の着付け時の困りごとや、解決法などいろいろ紹介してみました。

例えばブラジャーの代わりとする場合は、キャミのパットなどで悩むこともあります。

パッドは取った方が良いかそれともつけたままでも大丈夫かなどですね。

このような素朴な疑問のほかにも、いろんな注意点なども説明してみました。

最後までお読みいただければ、キャミ以外の代用品についてや様々な対策の参考にもなるかもしれません。

スポンサーリンク

和装ブラジャーの代用について

やはり着物や浴衣といった和服を着る際には、和装ブラを用意したほうがかなり便利です。

ですが、普通に必要ないと思ってる人も多いですよね。

「そんなのいらないよー」とかいう人がたくさんいるからかもしれませんが・・・・・・

まあ、代用品に限っては実際に他にもいろいろあります。

しかし補正のしやすさや着物姿の見栄えでいえば、和装ブラにはかないません。

ただ、どれだけ良さがわかったところで、どうしても用意できない場合もありますよね。

時間がないとかお金がもったいないとか、理由を上げればいくつでも挙げられるでしょう。

今ではブラの代用としてキャミソールを選ぶ方も本当に多いと思います。

でもキャミがいいよって言っても、けっこう注意点もあるんですよね。

そのため和服の下のキャミソールについて、どんなものを選んで着れば良いのかなど次は紹介していきますね。

着物の肌着としてのキャミソールについて

着物の肌着として着るなら、何もない状態に比べたらキャミソールはアリです。

たとえば自分で着付けができない場合は、美容院や着付け師さんにお願いすると思います。

着付けに普通のブラもあり?で紹介しているように、基本的に洋装のブラつけていても、「取ってください」って言われるんですよね。

たぶん、そんな時はキャミくらいは着てないと恥ずかしいかもしれません。

一般的にはキャミまでは脱がなくても良いですからね。

でも私の感覚では利点といえばそれくらいのものです。

他のメリットは特に見当たりません。

着付け師さんの前で丸裸にならないための対策ってだけです。

和装ブラならたくさん良さや魅力は見つかります。

しかし、キャミに関しては特に何もないですね。

絞り出しても、ちょっと暖かい気がするかな?くらいです。

基本的に着物の下には肌襦袢やその上に長襦袢も着るので、そんなでもなかったりしますが・・・・・・


スポンサーリンク

それでも代用になるという時点では、大きいメリットかと思います。

最近では成人式の着付けのパンフレットハガキでも、《キャミソール可》とか記述されてる場合もあります。

とりあえずそこそこ認められてると言えるかもしれません。

そのため、最近はキャミも普通かもしれないんですけどね。

それでもむりやり普通のブラとか付けるよりは、かなりマシでしょう。
→着付けに普通のブラもあり?

次は実際に着物を着た時のキャミソールについて、もう少し紹介していきますね。

着物の着付けでキャミソールを着た場合は

着物を着る時には着物に合う体型を作るために、タオルなどで補正をします。

実際キャミを着てみた感じでは、胸元の補正とかもするのでひもが浮いて落ちちゃうとかも普通にあります。

そのため気になっちゃう方なら、まだタンクトップの方が安心かもしれません。

それからパット付きの場合には、取っちゃった方が良いでしょうね。

パッドに厚みがあるときは取らないと、胸元に変な丸みができちゃったりもします。

そのため補正の邪魔になる可能性もあるんですよね。

場合によってはうまく決まらないし、着付けに時間がかかったりもします。

補正は人それぞれやり方も違うため。どんなものなら良いかとか正解はないんですけどね。

そのため、どうせつけるならばできるだけ薄いものの方が良いかもしれません。

でも、そこまでしたとしてもあくまでも和装ブラの代用です。

襦袢の代用ではありません。

そこだけは誤解しないように考えていただければと思います。

和装ブラジャーの代用として着物の肌着にキャミソールを着付けた時は・・・のまとめ

キャミソールの着用は和装ブラの代用というより、丸裸にならないための対策です。

和装ブラは着付けのしやすさも大分違います。

実際、着物の着付けは補正で着物の見栄えもかなり変わります。

パットがあれば補正の邪魔になることもあるし、襦袢の代わりにもなりません。

ですが、紐がずれ落ちる場合もあります。

気になってしょうがない人にとっては、タンクトップの方がまだ安心かもしれませんね。

その際はえり抜きしても見えないものを選びましょうね。

スポンサーリンク

-着付け
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

着物スリップ ワンピース型おすすめはサイズ充実で夏冬着れる綿100%

着物の下に着る和装の肌着といえば肌襦袢と裾除けです。 しかし、ワンピースのように一体型となった着物スリップは、着方も着付けも抜群に簡単なんですよね。 そのため、人気あるのもうなずけると思います。 例え …

着物の補正 鳩胸の作り方と着崩れしない襟元の浮きやシワの簡単防止法

着物姿が魅力的で、綺麗に見える美しい鳩胸の作り方について、いろいろ紹介してみました。 胸の形が、すでに鳩胸だよという場合にも使える方法になります。 そして今回も着付けのコツとして、紹介するのは超簡単な …

お呼ばれ結婚式の着付け 会場でしてもらう場合の注意やお礼について

友人の結婚式のお呼ばれで着物を着て出席するという場合、その披露宴会場で着付けする際にどのような注意が必要かなどいろいろ紹介してみました。 例えば、着付けに必要とされる注意や事前に準備した方が良いものな …

帯板で前板と後板の違いと着物や振袖など後ろ板の着付け時の必要性

前板と後板の帯板の違いや 必要性など紹介してみました。 結婚式や成人式などの着物や 振袖の着付け時には どのような帯板が必要なのか 2枚あったほうが良いのかなという スポンサーリンク 場面に出くわす …

授乳中の着物の着付け 母乳漏れの対策やパッドで足りない時の染み予防

授乳中など母乳の出る期間などの着物の着付けについて、いろいろ紹介してみました。 結婚式などでは実際に和服を着ても、本当に大丈夫なのかと不安に思うかもしれません。 実際、母乳漏れによるシミなども心配だっ …