きものん ゆかたん わふくん

このサイトでは、着物・浴衣・振袖などといった和服について書いています。

着物

着物の虫干しに最適な時期や季節と効果的な頻度(回数)について

投稿日:2017年6月21日 更新日:

着物の虫干しに適した時期や最適な季節について、色々紹介してみました。

また、1年間のうちどのようなタイミングで、何回干すのが理想的なのか、適した時期を逃した場合はいつすれば良いのかなど、その頻度についても説明してみました。

快晴じゃなくても、雨や曇りの日でも虫干しはできるのか、梅雨の時期でも大丈夫なのかというのも気になると思います。

そういった疑問の解決にもつながればと良いですね。

最後までお読みいただければ、失敗を避ける方法も参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

着物の虫干しに最適な時期

虫干しに適した時期は、そのタイミングによって土用干しや寒干しなどといわれ年に3回ほどあります。

1月下旬から2月上旬、7月下旬から8月上旬のほか、9月下旬から10月中旬がその期間になります。

その中でも、1月〜2月の時期は寒干しと言われ、7月〜8月は土用干しと呼ばれます。

とはいっても、これらの時期ならいつでも虫干しできるというわけではありません。

もっとも適した天候を見極めるのが肝心です。

そのタイミングで干すと、さらに効果的だったりもします。

次は、最も適した虫干しのタイミングについて、もう少し詳しく紹介しますね。

着物の虫干しに最適な季節

虫干しをする場合の季節で、理想のタイミングは、やはりよく乾燥した冬になります。

その中でも、できるだけ晴天の日が続いた日に干すのが理想的ですね。

最低でも、2日以上の晴天が続いた日に干したほうが、失敗は少ないと言われたりもします。

やはり、湿度というのは着物に影響しやすいんですよね。

梅雨の時期や、雨の日のような湿度の高いタイミングというのは、避けたほうが無難だったりもします。

まあ、晴れていてもジメジメしていることもあります。

逆に湿気を吸うかもしれません。

ですが、その場合はやり方が間違っている場合も多いですね。

それに虫干しに適した時間帯というのもあります。

つまり、虫干しに適していない時間帯であれば、それも逆効果になります。

そのやり方や時間帯については、関連記事も参考になるかもしれません。


スポンサーリンク

ですが、先ほど説明したような最適な時期でなくとも、最悪のタイミングを避けるだけでも違うと思いますよ。

そこまで虫干しによる着物の悪影響というものは少なく、何もしないよりはまだマシとも言えます。

それでも、天候の目安というのは無視できるものではありません。

理想の時期とタイミングは年に数回程度なため、それを逃すというのはやはり勿体無いですね。

それから、1度干すだけで虫干しの効果がずっと続くわけでもありません。

放ったらかしてしまえば、まったく意味がなくなってしまうこともあります。

次は、その頻度についてなんかも紹介していきたいと思います。

虫干しの効果的な頻度について 回数は年に何回?

着物の虫干しは、最低でも1年に1回は必要と言われたりします。

それから、2回は虫干ししないと着物が長持ちしないと言われたりします。

まあ、人によって様々です。

上で紹介したような、最適な時期の最高のタイミングで完璧にできたときならば、年に1回でも良いと思います。

一番良いのは、最初に説明した最適と言われる3回の時期に、それぞれ干すこととも思われがちなんですけどね。

もしも、寒干しや土用干しなどうっかり逃した場合は、空気が乾燥した春と秋を目安に2回するというのもアリだったりしますね。

まあ、近年は気温や天候もさっぱり読めませんよね。

実際は、そこまで都合の良いタイミングでできるかどうかも微妙ですからね。

それから、やり方を間違えちゃうと、湿気も害虫も逆に呼び込んでしまうことだってあります。

虫干しをしたつもりになっても、ちゃんとできていないと逆効果にもなるんですよね。

それなら、何もしないほうがマシとか思っちゃうかもしれません。

何もしなくても大丈夫な場合なんて、環境が良いだけなんですけどね。

収納方法だけじゃなく、お住いの地方の気候やその地域の環境のおかげも大きいと思います。

一般的には長雨とか台風もあるので、寒干し以外の時期は障害も多くてちょっと難しいでしょう。

でも、そんな場合も対策なんて簡単にできます。

そのやり方や、最悪な天候の日の虫干しの裏技などについては、過去記事も参考になるかもしれません。

関連記事
着物の陰干しの方法や便利な裏技について

虫干しに最適な時間と干し方のコツについて

着物の虫干しに最適な時期や季節と効果的な頻度(回数)についてのまとめ

着物の虫干しには、寒干しや土用干しといった最適な時期というのがあります。

その中でも、最も適した季節は冬の2日〜1週間以上快晴の続いた日が理想的と言われます。

とはいえ、それ以外の時期でも晴天が続いた日ならば、春や秋でも2回すればそれでも問題ありません。

地方よっては年に1回でも大丈夫だったりもします。

湿度の高い地域では、年に2回でも厳しいかもしれませんが、着物のチェックがてら干してみると良いかと思います。

時間がない場合もあると思いますが、そんな時は関連記事も参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

-着物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

着物や浴衣のたたみ方と簡単に小さく三つ折りで収納する場合など

着物や浴衣のたたみ方について 初心者でもできる簡単なやり方や 小さくたたむ場合のシワ対策、 三つ折りにする場合のコツなど いろいろ紹介してみました。 たとえば結婚式で着る訪問着や 成人式で着た振袖とか …

結婚式の着物 親族の訪問着は失礼?紋なしなら紋を入れると大丈夫?

結婚式で親族が着物を着る時に、黒留袖や色留袖ではなく訪問着を着用しても大丈夫なのかなど紹介しました。 その際は紋なしと紋を入れるのとどちらが良いのかなども気になると思います。 失礼にあたらない服装とし …

6月の結婚式 袷の着物ではおかしい?袷を単衣にする必要はあるの?

6月の結婚式に単衣の着物ではなく 袷の訪問着を着る場合は おかしいとか変と見られるのか 袷の裏地を外してまで 単衣の着物として仕立てる必要は あるのかなど紹介してみました。 たとえばこういう暑い時期で …

単衣の着物の時期はいつから?結婚式やお茶会など着れる場面について

単衣の着物の着用時期について 実際いつから着れるのかなど いろいろ紹介してみました。 たとえばお茶会や結婚式に赴く場合 気温が高く暑い場合でも ちゃんと時期に合わせるべきかとか スポンサーリンク そ …

参観日の着物の種類とマナーやおかしいとか変とならない母親の着方

子供の参観日の母親の着物の種類や 変に見えたりおかしいとならない 着方などについて紹介しました。 たとえば授業参観の服装などは その学校でけっこう違いもあり 着物自体が浮くかもしれないなど スポンサ …