きものん ゆかたん わふくん

このサイトでは、着物・浴衣・振袖などといった和服について書いています。

履物

足袋の洗濯 縮み防止と対策やサイズが大きめの足袋を買う場合

投稿日:2017年6月6日 更新日:

白足袋を洗濯した場合の縮み具合と縮み防止や対策について、いろいろ紹介してみました。

多くの白足袋は綿100%のため、ほとんどの場合は洗えば縮みます。

そのため、どうせ縮むならば初めから大きいサイズを買えば、丁度良いのではと考える方もけっこう多いんですよね。

ですが、本当にそれで良いのでしょうか?

最後までお読みいただければ、最適な選び方や簡単な足袋の縮み対処法なんかも参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

足袋の洗濯 縮み具合について

白足袋というのは、ほとんどが綿100%のものになると思います。

このような木綿素材の場合、洗うと当然縮みます。

ですが、履けなくなるほど縮むというわけではありません。

そのため、洗って縮んだ後でも履いていれば自然と足に馴染むし、そのうち違和感もなくなります。

それでも、履いてすぐだとちょうど良いサイズでも、やはり窮屈に感じたりすると思います。

実際の話、この縮み具合というのは洗い方や、使う洗剤によっても結構違いはあります。

例えば、洗濯後に履けたとしても、縮みの規模が大きければそれなりに痛みを感じる場合もあります。

場合によっては、長時間履いてもなかなか足に馴染まずに、終始苦労することもあるでしょう。

そのため、次で紹介する縮み防止や対策なども、参考になるかもしれません。

洗濯縮み防止や対策について

基本的に白足袋のような綿100%の材質は、洗剤の種類でも縮み具合は変わります。

たとえば、弱アルカリ性の洗剤は縮みやすかったりしますね。

そのため、中性洗剤を使えば、弱アルカリ性の洗剤よりは縮みを抑制することができます。

縮みにくいというだけで、やはり多少は窮屈に感じるかもしれません。

それでも、足袋によっては防縮加工がされているものも販売されています。

そちらを選ぶというのも、かなり効果的だったりもしますね。


スポンサーリンク

ただし、洗い方に気をつけたとしても、乾燥機でがんがん乾かせば激しく縮んだりします。

そのため、洗った後は脱水も軽めにした方がよいですね。

加減がわかりにくい場合には、素手で軽めに絞ってからシワを伸ばして陰干しすれば、縮みもシワも対策できます。

イメージ的には優しく洗ってから、ゆっくり乾かす感じですね。

脱水前に薄くのり付けしてから、干すときに中から手を入れてシワを伸ばして、縫い目をピンとさせればシワシワになるのも防げます。

時短や効率を考えないというのが、一番無難かもしれません。

次は、足袋の選び方について注意やコツなども紹介していきますね。

足袋のサイズ 大きめを買う場合の注意

白足袋が縮むというのは、ちょっと調べればけっこう書かれていると思います。

そのため、縮みを見越して初めから大きいサイズを買うことも考えがちです。

ですが、メーカー品の足袋は事前に縮めた状態で販売されていたりもするんですよね。

そういう場合は自分が思ったよりも、サイズが大きすぎると感じることもあります。

また、足袋によっては測ってみると表示サイズよりも0.5cm大きい場合もあります。

その場合は、自分の足のサイズと1cmも差が出てしまうこともしばしばあります。

実際に購入するならば、ネット通販ではなくデパートや呉服屋さんに足を運ぶことも、考えたほうが良いかもしれません。

実は、試し履きをしてみるのが一番無難だからです。

というのも、大きいサイズは履いているうちにだぶついて見えますし、シワもできやすかったりします。

そのため、見た目の美しさから足袋は小さめが良いとも言われます。

メーカーによってその履き心地やサイズ感は、実際のところ様々でばらつきもあります。

個人的には、試し履きで自分のジャストサイズの足袋を購入前に見つけることをおすすめしたいですね。

最初からネット通販で探すのは、上記の理由からリスクが高いと思います。

まあ、ネットで調べれば便利そうな足袋もいろいろ見つかるかもしれません。

その際にはサイズ感についてなどレビューしている方もいますし、そういう口コミも面倒臭がらずに読んでおきましょう。

関連記事も参考にしながら、慎重に考えるのも良いかもしれませんね。
→足袋のこはぜや失敗しない買い方について

足袋の洗濯 縮み防止と対策やサイズが大きめの足袋を買う場合のまとめ

白足袋のほとんどは洗えば縮みます。

しかし、洗濯の仕方や洗剤の選び方や乾燥方法でサイズ感に違いが出るのも事実です。

今回紹介した方法は、できるだけ縮みを少なくするという方法や対策であって、決して縮まないわけではないと考えていただければと思います。

その縮みを考慮しながら、大きめサイズの足袋を買うとか考える方もたまにいますが、すべてのメーカーが表示通りのサイズというわけではありません。

試し履きをしないことのリスクというのも、ぜひ慎重に考えていただきたいと思います。

また、足袋を購入する時の注意点というのは他にもあります。

足袋を選ぶコツなんかも関連記事が参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

-履物
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ステテコで外出はできる?コンビニに行くのもあり?おかしい?

ステテコやリラコで外出できるのか たとえばコンビニなどに行っても 変とかおかしいとならないのかなど いろいろ紹介してみました。 外出といってもその範囲は けっこう広くてわかりにくいですが 夏の街歩きや …

浴衣で下駄の鼻緒が痛い時の靴擦れの対策と履きやすくする調整法

浴衣を着た場合に履く下駄は 足の親指と人先指の間の股部分に 食い込んだりして痛いことがあります。 ひどい時には靴擦れのように 血がにじむこともありますが 今回はその対処法として スポンサーリンク 絆 …

足袋カバーと足袋の違いと使い方や必要性について

足袋カバーについて足袋の違いと使い方など、いろいろ紹介してみました。 どんな時に履けば便利なのか、どういう場でどのように使えるのか、その応用的な履き方も説明してみました。 とは言っても、必要かどうかは …

サンダルや草履での運転は車なら違反になる?クロックスなら大丈夫?

サンダルや草履、下駄での 車の運転は違反になるのか クロックスなら大丈夫なのかなど いろいろ紹介してみました。 こういう話っていろんな説もあり 地方によっては違反にならないとか スポンサーリンク 私 …

ステテコ 足首までの丈が長いサイズはどこ?販売されてる?

足首までのステテコや くるぶし丈の長いサイズなど いったいどこにあるのか どうしても見つからない場合の 探し方など紹介しました。 たとえばユニクロとか あらゆるお店へ行ってみても ステテコといえば ほ …